スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国後初の習作小説か=遠藤周作文学館で公開中の草稿(時事通信)

 長崎市の遠藤周作文学館で公開されている遠藤さんの未発表草稿「われら此処(ここ)より遠きものへ」が、1953年に執筆されたものであることが分かった。同館の池田静香学芸員が13日、長崎県佐世保市で開かれた日本近代文学会九州支部大会で明らかにした。
 遠藤さんは50~53年にフランス留学。帰国後の54年、雑誌「三田文学」に短編小説「アデンまで」を発表した。生前、同作が初めて執筆した本格的な小説だと語っていたが、「われら―」はこれに先立って書かれた習作小説の草稿である可能性が高まった。 

10年後に基礎的収支黒字化=分野別目標示せず―財政健全化計画(時事通信)
<火災>君津の住宅全焼 遺体は10代姉妹(毎日新聞)
消費税引き上げ「必要」66%…読売世論調査(読売新聞)
子ども手当満額見送り「理解得られる」=菅首相(時事通信)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
スポンサーサイト

「辺野古」削除応じられぬ=首相発言も選択肢―官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は27日午前の記者会見で、社民党が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米共同声明から、移設先の地名である「名護市辺野古」の文言を削除するよう求めていることについて「考えづらい」と表明し、社民党の重野安正幹事長に「難しい」と伝えたことを明らかにした。
 共同声明を受けた政府の対処方針の決め方に関しては、閣僚の署名が不要な「首相発言」とすることも「一つの方法だ」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

特殊警備隊が訓練初公開=東京湾で観閲式―海保(時事通信)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
民主・辻副幹事長、検察審査会への接触認める(読売新聞)
プロフィール

ミスターひさのりくろさわ

Author:ミスターひさのりくろさわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。